押忍!番長3│設定6の見抜き方!滞在モード・移行率から徹底判別!

パチスロ押忍!番長3
(c)大都技研

パチスロ【押忍!番長3】についての記事です。
・対決モードについて
・対決モード移行率
・滞在モードと移行率から行う設定判別

などの情報をお伝えします。




対決モード

番長3│対決カウンター・ベル回数

この写真が対決カウンター(リールの右の黄色い玉)です。
ここの数字はベルを引くと増加し、規定ベル回数に到達すると対決へ発展します!

対決カウンターにはモードが存在し、ゾーン滞在中は対決カウンターの周囲が雷で覆われます。

モード・ベル回数別の発展期待度

分かりやすくするためチャンスは「C」と記載しています。

番長3│滞在モード・ベル回数別の対決発展期待度

モードの特徴とゾーン

モードは通常A・通常B・チャンス・対決連チャンの4種類。

◆通常Aのゾーン
15~17
30~32
45~47
56回目移行
◆通常Bのゾーン
15~17
30~32
45~47
56回目移行
10の倍数回(10・20・30・40・50)

通常Aのゾーンに加えて10の倍数回でもチャンスあり

◆チャンスのゾーン
15~17
24
30~32
33
44
56回目移行

チャンスモードは24回に強めのゾーンあり
33・44のゾロ目にもチャンスあり

通常A/Bよりもゾーン自体が強いため、ベル32回までの対決発展期待度は90%以上

◆対決連チャン
最大ベル7回で対決に発展

ベル6回以内の対決発展期待度は約60%

対決カウンターモード移行率

通常時の対決カウンターのモード移行率です。

※ART中のモード移行率とは別となっています。
※設定変更時のモード移行率は調査中です。

◆通常A・チャンス滞在時のモード移行率

設定 A B チャンス 連チャン
1 49.61% 7.81% 12.50% 30.08%
2 35.16% 15.63% 25.78% 23.44%
3 38.28% 10.16% 20.31% 31.25%
4 19.53% 20.31% 35.16% 25.00%
5 32.81% 10.16% 25.00% 32.03%
6 6.25%  21.09% 33.59% 39.06%
◆通常B滞在時のモード移行率

設定 B 連チャン
1~5 33.98% 66.02%
6 25.00% 75.00%

※通常A・チャンスには移行しない

◆連チャン滞在時のモード移行率

設定 A B チャンス 連チャン
1 53.13% 10.16% 16.41% 20.31%
2 43.75% 18.75% 25.00% 12.50%
3 46.48% 10.94% 18.75% 23.83% 
4 24.22% 20.31% 42.97%  12.50%
5 41.02% 10.16% 18.75% 30.08% 
6 12.50% 25.78% 40.63% 21.09%

各設定の特徴と設定6の見抜き方

奇数設定の特徴

通常A滞在率:
連チャン移行率:
連チャンループ率:

奇数設定は通常Aに滞在しやすいですが、
連チャンにも移行しやすく、連チャンループ率も高いです

設定2・4の特徴

通常B・チャンス移行率:
連チャン移行率:
連チャンループ率:

設定6の特徴

通常A滞在率:激低
連チャン移行率:激高
連チャンループ率:

通常A・チャンスからの通常A移行率が6.25%とかなり低いです。
言い方を変えれば「通常B以上への移行率が93.74%」ということです。

設定6ならほとんど通常Aには滞在しないことになります。

モードでの設定判別まとめ

・通常A滞在率が高いほど奇数設定の可能性が高くなります。

・通常B滞在率が高いほど偶数設定の可能性が高くなります。

・チャンス滞在時はベル32回までのゾーン自体がかなり強力なので90%以上32回以内の対決発展となります。
  対決発展がベル32回を頻繁に超えるようであれば設定4・6の可能性は低くなります。

・対決連チャンへの移行率と連チャンループ率は奇数設定と設定6が優遇されています。
  対決連チャンが頻繁にループする場合は設定2・4の可能性が低くなります。

設定4と設定6の見分け方

設定6の方が通常A滞在率が低い
通常B移行率は同じくらい

チャンス移行率は設定4の方が若干高いですが、
設定6の方が対決連チャンに移行しやすく連チャンループもしやすい

設定1・3・5の見分け方

ここが問題なんですが、奇数設定はモード移行率がそこまで大差ありません。
通常A・チャンス滞在時のチャンス移行率が設定5は若干高いくらいです。

正直モードだけで設定1・3・5どれかを見抜くのは難しいと思います。

◆設定5の特徴
・初当たり時に80%ループストックが選択されやすい
・絶頂対決当選率優遇(BB当選時25%で絶頂?)
・BBの連チャン性が高い
・爆発力が全設定で最も高い

といった特徴があります。
初当たり時の挙動で判別していくしかなさそうです。

レア小役での対決発展

小役 低確中 高確中
チェリー 下記参照 40.63%
MB中チェリー 12.50% 12.50%
弁当 0.39% 5.08%
チャンス目 72.27% 100%

◆低確中のチェリー成立時の対決発展確率(通常時)

設定 対決発展確率
1・2 15.63%
3・4 18.75%
5・6 22.66%

通常時低確中のチェリー成立時、対決発展確率に段階的な設定差あり※MB中のチェリーは除く
ここも合わせて設定判別すると良いと思います。

以上【押忍!番長3】のモード移行率と設定判別についてでした。
設定6ならベル33回を超えることはあまりないと思うので分かりやすいかと思います。
ただモード移行率だけで奇数設定のうちのどれかを判別するのは難しいですね。
モード移行率は設定1・3・5でそんなに差がありません!
何回か初当たりを引かないと判別は難しいかなあといった感じです(ToT)